看護実習生のための実習記録のルール

看護問題の挙げ方・優先順位のつけ方

生命にかかわる事項を第一優先に、
患者さんの思いや状態も考慮し、
QOLを意識した位置づけをしていきます。

 

(1) 1番に挙げるべきは、生命の危機や存在にかかわる項目です。
   そのほかは、何が解決されればQOLが向上するかを考え、
   介入可能な問題を根拠を持って挙げます。

 

(2) 優先順位は、年齢や病態、急性期か慢性期かによって変わってきます。
    訴えの傾聴も行い、患者さんの状態を把握します。

 

(3) いつも行っているケア=必要なケアです。
    行っているケアは、患者さんの問題につながっているので注意しなければなりません。

 

先輩の看護問題の挙げ方・優先順位のつけ方のコツ  

 

・マズローの欲求階層説を用い、生命の危機・存在にかかわるものを1番にし、
次に安全・安楽の欲求という順で立てます。

 

・問題は、介入できない問題を挙げても何もできず無意味なので、
看護として介入できるものにします。

 

・年齢や病態によって優先順位が異なります。
患者さんの状態を把握します。
急性期なら疾患について、慢性期なら自己管理についてなど
問題が異なります。
患者さんの病気が慢性期なのか、急性期なのか、
或いは終末期なのか、回復期なのかを把握し、
その人に今何が必要かを考えていきます。

 

・いつもこのケアをやっているなと思うものは、
必要だからやっているので問題として挙げます。