看護実習生のための実習記録のルール

看護計画の立て方

看護計画は、患者さんの生活習慣・予定に合わせ、
5W1Hを意識して書きます。

 

疾患以外の情報も参考にします。

 

(1) 患者さんの1日を思い浮かべ、
   予定や生活に合わせた具体的な計画を書きます。

 

    記入するときは、5W1Hを明確にし、
   当日の流れと動きを想像できるように書きます。

 

(2) 疾患だけでなく、患者さんの性格や好み、
   今までの生活なども活用すべき情報になります。

 

    家族や介護者の様子も意識し、
   個別的な計画を立てるようにします。

 

(3) 知識不足の場合は、文献で補ったり、
   他の看護師をはじめとする病棟スタッフの意見も参考にします。

 

    友達に読んでもらい、意見をもらうのもよいでしょう。

 

先輩の看護計画の立て方のコツ

 

・疾患だけでなく、患者さんの性格や今までの生活、
得意なもの、ベッドの周りの様子、好きなものなどを観察し、
得た情報をすべて活用し、個別性のある計画にします。

 

・他の看護者も継続して動くことができるよう5W1Hに重視して書くようにします。

 

・すぐに実行できるように内容や方法を詳しく書くと、
イメージトレーニングにもなります。

 

・雑誌や書籍、標準看護計画、看護記録のある看護計画を見て参考にしたり、
医師や看護師、薬剤師、栄養士、PT、OTなどに相談して
知識不足を補うようにします。