看護実習生のための実習記録のルール

関連図の書き方

関連図は、「大きな関連図に書き足す派」と、
「部分別に作成してまとめる派」がいます。

 

(1) 「大きな関連図に書き足す派」のメリットは、
   大きなポイントがわかり、流れが見えやすいという点です。

 

    書き足す派は、雑誌や書籍の関連図を参考に、
   患者さんにあった大まかな図を作成します。
   そこに、患者さんの個別性を追加していきます。

 

(2) 「部分別に作成してまとめる派」のメリットは、
   足りない部分がどこか、評価しやすいという点です。

 

    まとめる派は、診断名別や経時別、身体・心理・社会面に分類するなど、
   部分ごとに作成してまとめます。

 

(3) 関連図は、見やすくする工夫も必要です。
   きれいに書けるように記録用紙に下書きをし、
   別の紙に書いて構成を練ります。

 

    付箋を用いて、修正を楽にしたり、
   色分けで考えを整理するなど、
   自分がもっとも書きやすい方法を見つけましょう。

 

先輩の関連図の書き方のコツ

 

・一般的な関連図に、患者さんの情報・アセスメントを加えます。
 すると、わかりやすく個別性が見えてきます。

 

・先に診断名を挙げて、診断ごとに書いてつなげると、
流れが作りやすく、病態が良くわかるようになります。

 

・付箋で情報を処理してから清書します。
書いてしまうと修正が大変ですが、
付箋であればはがすだけでOKです。